logo

Top news

ビジネス 系 映画

フードファイター - Wikipedia. See full list on finders. 主演:上川隆也 評価:A ビジネス 系 映画 コメント:年代の日本航空をモデルとした会社を舞台にした労組の戦い。偶然から労組の委員長となった主人公は、これまでの慣れ合いの体質を変え真剣に労働条件の改善に努める。しかし2年間の戦いの後主人公を待っていたのは、会社からのいやがらせ人事であった。 第一部は海外が中心で僻地駐在員としての主人公の感情の浮き沈みとともに、空の安全よりも保身しか考えない会社の体質も嫌と言うほどがうまく描かれている。. See full list on creppy. 年に行われた第83回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー部門賞を受賞した米国の作品。リーマンショック前後の世界金融危機の実態を、有名金融機関の関係者や政治家へのインタビューを中心としたドキュメンタリーとして金融危機の実態に迫っている。ソロスやポールソンといったリーマンショックで稼いだといわれるヘッジファンド界の大物も登場する。 インサイド・ジョブとは、「内部犯行」のことだ。リーマンショックが引き金となった世界金融危機は、その内部にいた人たちが作り出した犯罪であるという厳しいメッセージだろう。. 主演:高橋克典 評価:B コメント: 銀行・サスペンス 銀行と政治をめぐっての銀行内の人事をめぐるどろどろとした話。いい方向にも悪い方向にも人がどうやって変わっていくのかをうまく描いている。 天野(高橋克典)と地村(髙嶋政宏)の友情には心を打たれました。 (DVDがなかったので原作を貼り付けておきました。ごめんなさい).

難易度★★★★★ 例:NHK、テレビ朝日、WOWOW、 まあテレビ局はみなさん分かると思うので、簡単に書きますが、日本ではテレビドラマの映画化っていうのは結構ホットで、映画部的な部署があったりします。日本テレビなんかはVODサービスのHuluを買収していますし、映画と関わるチャンスは多いと思います。 ただもちろん難易度はスーパー高いです。ちなみに僕はwowowの役員面接の自己アピールタイムで鉄板ネタを披露したところ、ダダすべりして落ちました。駅まで泣きながら帰りました。. 1980年代の世界的な株式のブーム時の教科書的な映画だ。1987年の米国映画。 米国でもこの映画を見て投資銀行を目指す若者が増えたという。日本でも主人公でマイケル・ダグラスの扮する投資家ゴードン・ゲッコーに憧れて、ダークスーツに黄色のネクタイが大流行した。 若い証券マンがゴードンと出会い、インサイダー取引、M&Aなどを通じて成り上がりウォール街で成功する。ただ二人の気持ちはすこしずつずれ始め. 難易度★★★ 例:ポニーキャニオン、ハピネット、キングレコード、バップ 映像ソフト(DVD・ビデオ)を発売する会社です。DVDのパッケージのデザインや販売を手がけたり、会社によってはオリジナルコンテンツの制作を手掛けている会社もあります。もちろん会社によっては映画の製作委員会に名を連ねることもあり、映画製作にも携わるチャンスがあります。 ①②と比べると倍率は少し落ちるかと思いますが、採用の母数が少ないので、難しいことに変わりはないでしょう。。。.

リーマンショックで巨額の利益を叩き出したトレーダーにフォーカスして描いたノンフィックション。年に米国で公開。日本では年3月公開された。 サブプライムローンを破綻させてしまいかねない重要な問題に気付いた4人のアウトローのトレーダーが、世界経済の破綻を予測し、好景気に沸くウォール街の大手金融機関を相手に空売りの大勝負を仕掛ける。スリリングな展開はトレーダーに憧れる人にはぴったりだろう。 原作は、マイケル・ルイス著の『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』。名門投資銀行だったソロモンブラザーズの内幕を描いた『ライアーズ・ポーカー』、大リーグの貧乏球団が強くなるストーリーを描いた『マネーボール』などを書いた作者の作品だけに面白くないわけがない。 ・【保存版】年、知らないと損する「お金のはなし」 ・相続対策に失敗した「元富裕層」の悲惨な末路. 主演:杏、上川隆也 評価:C コメント: 銀行・勧善懲悪もの 銀行内部のどろどろを見事に解決していくドラマですが、個人的には出先の料理を楽しむシーンがほほえましいです。ただ、主人公が感情的で、それいったらダメでしょうというようなセリフもありました。 シーズン1と2があります。. 年の米国のサスペンス映画。ヘッジファンドの成功者の暮らしぶりがよくわかる映画だ。 リチャード・ギア扮するロバート・ミラーはニューヨークのヘッジファンドの大物だ。米国では、ヘッジファンドで成功すると一代で莫大な富と名声を築くことができる。ミラーは、豊かな生活と家族に囲まれ幸せそうに見えるのだが、裏では、投資に失敗、ドライブ中の事故で愛人を殺してしまうなどの大きなトラブルを抱えている。すこしずつ歯車のずれはじめたミラーの行く手にはどのような結論が待っているのか? 年にヘッジファンドのオーナーで大富豪のバーナード・マドフが投資家から集めた資金を運用せず配当に回していたことが発覚、被害総額は5兆円にものぼり、史上最大の詐欺犯として逮捕された。こういった事件にインスパイアされての映画だったのだろう。. 主演:唐沢寿明 評価:B コメント: 経営もの ルーズヴェルト・ゲームもそうですが、唐沢寿明の演技は個人的には大好きです。電機業界の日本企業が舞台です。中国への技術流出を背景に経営悪化した会社をどう立て直していくのか。日本企業の苦戦を表しているようです。 それと、やはり企業再生って面白いテーマですよね。戦略的な経営計画もしくは事業展開はやはりサラリーマンとしては面白い仕事でしょう。. 特に、ビジネス系映画の鑑賞は、ストーリーを楽しみながら経済の知識やモチベーションを得られる最高の遊びです。 そこで本稿は、敏腕ファイナンシャルプランナーが“仕事に効く”5本の映画を厳選してご紹介します。. 。そんなときには、実話をもとにした映画をチョイスしてはいかがですか。話題の名作が、実は本当にあった出来事をモチーフに描かれていると聞くと、イメージもがらりと変わりますよね。ホラー・サクセスストーリー・歴史もの・コメディ. 華麗なる一族 (年版).

主演:渡部篤郎 評価:A コメント: 新規事業・熱血もの 新規事業立ち上げの躍動感が伝わってきます。誰もやっていないことに挑戦するのは楽しそうですね。 やる気がでるので、ビジネスマンにはおすすめ。. Cardi B, Bad Bunny & J Balvin. 主演:塚本高史 評価:B コメント: 経済・サスペンスもの 監査業務の有り方を問うドラマ。 監査法人内の働き方のブラックぶりがよく表されている。. 主演:織田裕二 評価:B コメント: 銀行・サスペンスもの 銀行とその融資をめぐる話。主人公のライバルの二戸哲也(高嶋政伸)の役回りが典型的な悪役で、エリート感にあふれすぎ。やりすぎとは思うものの、それ以外の銀行内のやり取りは半沢直樹並みに面白い。.

com、ホットモブジャパン、つみき、 最近少しずつ増えてきた、映画に関連したWebサービスやアプリなどを運営している会社です。VOD(ビデオオンデマンド)サービスを運営する会社はもちろん、最近では映画レビューに特化したアプリなども出てきています。まだまだ開拓されていない分野ですので、チャンスがあることは間違いありません。 新卒でプログラミング未経験でもエンジニアとして採用してくれる会社はたくさんあるので、そういう会社で経験を積んで、今回挙げた会社に転職するという作戦もアリかなと思います。. 年の国内の映画興行収入が4年ぶりに億円台を回復しました。その一方で、複合型映画館(シネマコンプレックス)の拡大でスクリーン数が増えたほか、大画面テレビやスマートフォンの普及により映画鑑賞の手段の選択肢が広がり、映画館を取り巻く環境は厳しくなっています。映画館. 主演:東山紀之 評価:B コメント: 不祥事ドラマ。 ネジのリコール隠しをめぐって社内の政治的駆け引きが行われていきます。池井戸原作。社内の闇が次々と明らかになっていく展開に、思わず次の回を見てしまいます。. 電通や博報堂、ADKなどは映画に出資することが多いので、映画に携わる可能性はありますが、あくまで映画に関連する仕事は①~⑤の会社に比べてかなり小さいです。 また他の選択肢としては、ティジョイやTOHOシネマズ、アップリンクなど劇場の仕事もあるかと思いますが、映画に直接かかわる、というわけではないので、慎重に考えていただければと思います。映画雑誌だとキネマ旬報は毎年新卒採用しています。. 主演:尾野真千子 評価:B コメント: 事業再建・政治サスペンスもの 年の大震災を背景にして見ると登場人物の再生エネルギーへかける意気込みにもリアリティを感じます。投資を受けた会社の経営再建を担当する主人公が、再生エネルギーに心が引かれていく様が中心です。. Iijmio 紹介キャンペーン.

経済や金融のニュースを「難しい」と食わず嫌いしていませんか? ニュースで見る数字の裏には、様々な「ストーリー」が隠されています。. 映画・映像ビジネス まるわかりガイド. . 「ビジネスプロデュース部門」説明会でおこなわれた、5名の社員によるパネルディスカッションの内容をお届けいたします。 会社説明会 レポート ビジネス系社員対談 | FUJI TELEVISION RECRUIT - フジテレビ MPPCが弱体化した理由には複数の要因がある。その中でも重要な要因のひとつに“映画のフィルム”の存在があった。それは、MPPCに対して映画向けのフィルムを供給していたイーストマン・コダック社が、独占契約を改訂したことがMPPC弱体化の発端だとも言われているからだ。 映画のフィルムが撮影で使用されるのは当然なのだが、現在のようなデジタル化によって上映素材がデータ化される以前は、上映おいてもフィルムが使われていた。つまり、長編映画になれば撮影するフィルムの量も上映するフィルムの量も増える。長編映画の製作・上映に二の足を踏んでいたMPPCに対してイーストマン・コダック社が背を向けたのも、時代の流れとして当然だったと言える。 MPPCの率いるエジソン系の映画会社が長編映画の製作に着手したのは1914年。まさに訴訟の真っ只中で「すでに、時遅し」だったのだ。これらをきっかけに、ハリウッドの映画産業は急成長。MPPCは1918年に廃業となり、エジソンの独占時代は終焉を迎えたのである。 MPPCを提訴したウィリアム・フォックスは、勝訴したその年に映画会社を設立している。それがFOX FILM CORPORATION、現在の20世紀フォックスである。その後も、1916年にパラマウント映画社、1923年にはワーナー・ブラザース社、1924年にはコロンビア映画社、MGMスタジオなど、現在もメジャー作品を手掛けている映画会社が続々と設立されている。 実はこれらの映画会社の創設者が、全員ユダヤ人なのである(※2)。1919年にはユナイテッド・アーティスツ社も設立されているが、その創立者のひとりは誰であろう、<喜劇王>チャールズ・チャップリン。つまり、現代に至る“ハリウッドはユダヤ人に支配されている”という事実は間違いではないのだ。しかしそれは、既得権益と闘った映画人によって成されたものであることを忘れてはならない。 (※2)これらの映画会社の創設者が、全員ユダヤ人:パラマウントのアドルフ・ズーカー、ワーナーのワーナー4兄弟(ハリー、アルバート、サム、ジャック)、コロムビアのハリー・コーン、MGMのルイス・B・メイヤー、さらには1912年に設立されたユニバーサル映画社のカール・レムリもユダヤ人である 出展:『現代映画用語事典』(キネマ旬報社) 一般社団法人日本映画製作者連盟 過去興行収入. 【ビジネス系:金融寄り】オススメ映画10選 - GOLOG. 主演:永井大 評価:B コメント: 熱血サラリーマンもの 暴走族のリーダーをやっていたけんか無敵の主人公が偶然知り合った建設会社の会長のつてでサラリーマン人生を始める話。いい意味で常識を打ちこわし、熱血に突き進んでいく姿は爽快。. 映画ビジネスは ハイリスク・ハイリ ターン、二次利用 を含めたトータル 収益による黒字 化を目指す (出所)みずほ銀行産業調査部作成 【図表2-2-3】映画ビジネスの収益配分 (製作委員会) 製作会社 配給会社 50 興行会社 100 消費者 5 ~"¡ 45 35. アメコミヒーロー映画は、世界的にメガヒットして、しばしばエンタメニュースで話題になるほどだ。しかし、米本国や世界での超メガヒットに.

といったストーリーだ。. 出演:沢村一樹 評価:A コメント: 広告マンの人情ドラマ 大手広告代理店で敏腕ディレクターをしていた主人公。しかしあまりにも傲慢な態度から社内外で反感をもたれトラブルになりクビになる。社員が3人の弱小広告代理店でようやく拾ってもらい、真剣に仕事と向き合っていく。 シャッター街の「さくら通り商店街」に引っ越してきた残されたユニバーサル広告社。商店街の人は、昔の賑わいを取り戻したいと思いつつも、どうやっていいのかわからず無気力になっている。主人公たちは自分たちの真面目な仕事ぶりを通して、そうした地元の人にもポジティブな影響を与えていく。 広告のコンセプトや文句がどのように作られていくのかがうまく描かれており、広告業に興味のあるものにとっては必須のドラマ。沢村一樹が出るドラマはどれもうまくできていると感心するばかり。. 「ビジネス系映画」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 映画のカテゴリでは、「ヒューマンドラマ」などに含まれるこれらの映画は、ビジネスパーソン、キャリアウーマンのチャレンジや奮闘を描く映画となっており、働く人がイキイキと働くヒントがたくさん詰まっています。. 残念ながら、ビジネスはときに冷酷なので、この映画を見て知って欲しいのだ。この1992年に公開された映画は、ビジネスがどれだけ悪意に満ちたものになり得るかを描き出している。 引用元:Entrepreneur.

映画業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することができます。 年-年の映画業界の業界規模(主要対象企業17社の売上高の合計)は7,746億円となっています。. その他基幹系(137) なぜdxやデータ活用. 金融系の映画は数が多くないので楽しみにしています。 そして、ふと過去に観た「ビジネス系の映画」は何だろうと思いまとめてみました。金融に傾斜していますがご参考まで。これから入社される新卒の方や就職活動中の方にオススメです。 ①ハゲタカ. 出演:芦田愛菜、岩城滉一 評価:B コメント: 復讐もの ある小さな車修理工場の社長が突然自殺。この会社の年金を預かっていた男は、年金を投資による失敗で失う。そのため工場もその損失を肩代わりするために倒産に危機に瀕する。 残された社長の娘(小学生)が、高齢者の知識と経験を借りながら、父親の仇である男からお金を取り返そうと奮闘する。 主人公の芦田愛菜の愛らしい演技も見物だが、それを支える岩城滉一の渋さも見逃せない。. 出演:小栗旬、石原さとみ、相武紗季、井浦新 評価:C コメント: ビジネス 系 映画 新興企業社長もの+恋愛もの 新興企業の社長(小栗)が、受験勉強しかできないおっちょこちょいの女子大生と出会ったことから話は始ます。会社を巡るどろどろとした人間関係と女子大生を巡る恋愛を中心に、話は展開していく。 主人公の女性があまりにも出来なさすぎて見ていて疲れてくる。IT関連の社長なのにユーザー視点を忘れたソフト開発を進めるところも現実感がないような気がする。ただ、話が急に展開していく中盤あたりから引き込まれていく。 続編で作られたスペシャルのニューヨーク編も見逃してはならない。 なお脇役の井浦新の演技に注目! 今回は、実際の仕事にも役立つであろうリアリティのあるビジネス系映画をご紹介します。どれも聞いたことはあるけれど、観たことはないという方もいるのではないでしょうか。 VOKKA 編集部. ビジネス 系 映画 主演:堺雅人、上戸彩 評価:B コメント: 銀行が舞台。半沢ブームの火種。池井戸潤の小説が原作。 悪いやつは最後にやりこまれるのが読めるので、安心して見られるにも関わらず、次はどうなるんだろうとハラハラドキドキする展開。続編が映画で早く出て欲しいですね。.

書いてるうちにすごく長くなりそうだったので、かなり簡略して書きました。映画業界を目指す就活生には、映画会社だけを見るのではなく、実は少し視野をひろげると、映画に携われる仕事は意外とたくさんあることを知っていただければと思います。 最後に僕が就活で参考にした映画業界に関する本を紹介して終わりにしようと思います。この3つの本は、映画業界のことについて分かりやすくまとめてあり、また会社紹介も豊富なので、映画業界を目指す就活生は目を通して損はないかと思います。. 主演:木村拓哉、鈴木京香、長谷川京子 評価:B コメント: 経営・銀行サスペンスもの 万俵財閥を支配する一族のどろどろとした家族ドラマ。家族内の因縁が、銀行再編という波と重なり、最後は悲劇へとつながっていく。ドラマよりも小説のほうがサスペンス感がありおすすめ。. 主演:小池徹平 評価:C コメント: 社会サスペンスもの 建設業界の談合がテーマ。入札談合ってこんなに昭和的な雰囲気なんですね。. 映画配給会社が映画館から映画上映料金の一部を徴収し、映画という商品を販売することを「配給する」といいます。 より具体的にいうと、映画配給会社は映画という商品を買い、映画館に配ることや、映画を宣伝することをおもな仕事としています。. ビジネス系メディアのボクシルマガジンは、ビジネスシーンで使える36種類のパワーポイント無料テンプレートを配布しています。 ビジネス 系 映画 テンプレートごとに一言コメントが添えられており、どのようなシーンで使うべきか指南されています。. 日本の映画でどん底から這い上がる系(成り上がり)ビジネス系のオススメの映画教えてください。 ウシジマくんとか新宿スワンに似た映画も知りたいです. See full ビジネス 系 映画 list on ito-tomohide. MPPCは発明王トーマス・エジソンが映画業界を管理し、利益を吸い上げるための団体でもあったが、彼らの製作する映画は<短編映画>だった。しかし、1910年代になると、海外(アメリカから見た外国映画)では<長編映画>の製作が始まっていた。ところがMPPCは長編映画の製作・上映に対して懐疑的だったのである。短編映画ならお客が何度も入れ替わり、新しい作品を何度も観に来る。ところが、長編映画は一日の上映回数が減り、撮影に手間と時間がかかるために製作本数が減ってしまうのだ。.

ハゲタカ いきなり定番中の定番。凄腕ファンドマネージャーの鷲津が、日本最大の自動車会社を狙う外資ファンドと壮絶な買収合戦を繰り広げる金融映画。元々はNHKスペシャルで放送された全6回のテレビドラマからスタートしたが、人気に火がつき映画化された。企業買収で莫大な利益を. 今日はリフレッシュの時間がたっぷり取れそう. 難易度★★★★ 例:GAGA、アスミックエース 配給会社も当然ご存じですよね。日本で海外の映画を上映するために、海外の映画の上映権を買い付ける仕事です。ただ配給会社も、新卒を採用している会社はほとんどなく、コンスタントに毎年採用しているのはGAGAくらいかなと思います。ですので、難易度としてはテレビ局と同等かと思います。. 出演:唐沢寿明 評価:B コメント: 中小企業奮闘もの 池井戸潤の小説が原作。デジカメに使うイメージセンサーを製造する中小メーカーの話。会社の野球部の奮闘と、社長の奮闘を並行して描いています。取引中止といった苦境が次々と訪れるなかで製造メーカーをどうやって得意の技術力で挽回するのか、が見所です。. エンタメ&アート系 神映画ランキング エンタメ ジャンル別神映画ランキング ハラハラドキドキ、感動、笑える泣ける・・ 「面白いかどうか」のエンタメ至上主義な基準。 アート系映画 世界の国別100選 世界の国別アート系映画。「ひたすら映像美専科.

ハゲタカやソーシャル・ネットワークなど最近のビジネス系映画でオススメはありませんか? はい。最近のビジネス系映画でオススメ『ウォール・ストリート』監督:オリバー・ストーン出演者:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフら1987年の映画『ウォール街』の続編で、マイケル. 真正面からビジネスについて語る映画もあれば、ほとんど遊びのように仕事をこなしている映画もある。. 主演:大森南朋 評価:B コメント: 金融サスペンスもの これを見るとファンドって面白そうと思えます。でも儲けすぎでしょう。 続編の映画もおすすめ。映画編では中国ファンドによる日本企業の買収劇が中心となります。国を挙げての中国資本の攻勢ってすごいですね。. . 主演:小籔千豊、片瀬那奈 評価:B コメント: お笑い金銭トラブルもの ビジネス 系 映画 まじめだけが取り柄の主人公が、弁護士資格なしで金銭トラブルについて無料相談をしているレストランと出会ったことからここでバイトをするようになる。 身近な金銭トラブルをテーマとしているが、とりわけ後半からお笑いの要素が強くなる。芸人も登場するようになり、お笑いと法律ドラマのよい割合が心地よい. 今回はビジネスモデルの概要と作成方法の紹介、代表的なビジネスモデルの事例をご紹介します。スタートアップフェーズの方も、事業の見直しを図っている方もぜひご覧ください。また短時間で俯瞰的に的に自社のビジネスモデルを把握できるビジネスモデルキャンバス(BMC)もおすすめです. 今回は映画業界を目指す就活生に向けて、自分の就活の体験談を少し書いていきたいと思います。 僕も2年前、映画業界を目指す就活生でした。映画プロデューサーになりたくて、映画会社を中心に受けていました。落ちました。全部。 日本ってそもそも新卒を毎年採用するような会社って少ないんです。いわゆる大手の映画会社の東宝・東映・松竹・日活・角川くらいで、しかも多くて10人/年とかしか採用しないんですよね。そりゃあ無理ですよ。 死にたかった。松竹落ちた時は3日研究室サボって引きこもってた。絶対内定もらったやつらより働く自信あるのに、とか思ってた。 で、たぶん僕と同じように映画会社を全部落ちてしまったけど、映画に関わる仕事がしたい!って考えている就活生って結構いると思うんです。なので、そういう人たちのために、映画会社以外にも映画に関わる会社って色々あるよ!っていう情報をお伝えしたいと思います。 では、映画会社以外で映画に関われそうな会社一覧と入社難易度と具体的な会社名を併せてご紹介していきます。 【私の自己紹介】. See full list on zuuonline.

大ヒットした『ウォール街』の続編。年の米国映画。マイケル・ダグラスの扮するゲッコーの1987年『ウォール街』後の話だ。 映画の設定も現代風にバージョンアップ。ゲッコーが復讐のために組むのは、ウォール街の時は歩合のセールスマンだったが、ウォール・ストリートでは電子取引のトレーダーだ。そして立ち向かうのは、インサイダー取引でなく金融危機になっている。リーマンショックの影響がここにもでている。. GMのリストラなどを取り上げた社会派のマイケル・ムーア監督がリーマンショックに迫った年のドキュメンタリー映画だ。アメリカ銃社会を批判的に洞察した『ボウリング・フォー・コロンバイン』や、同国の医療の歪みを描き出した『シッコ』の監督としても知られるムーア氏の映画としても注目だろう。 ムーア監督は、行き過ぎた資本主義、1%の富裕層が底辺の95%より多い富を持ち独占的に利益を得るといった社会に警告を発している。リーマンショックの原因となったサブプライムローンなどの複雑な金融商品、その複雑な商品を売りまくった会社、リーマン破綻で国税金7千億ドルを不良債権の買い取りのために投入した資金の行方などを徹底的に自ら追いかけた。. 1910年代になって、アメリカ西海岸のハリウッドでは映画会社による撮影所が続々と開設されたが、その経緯の裏側にはMPPC(Motion Picture Patents Company)がアメリカ国内における映画の製作・配給・上映を独占していたことに対する反発があった。しかし、映画製作の拠点が東海岸から西海岸へと移ったことで、MPPCは次第に弱体化していったのである。 一方でハリウッドは、MPPC対して異を唱えていた<反トラスト派>の映画人の拠点ともなっていた。そのことは、MPPCの弱体化とは反対に、<反トラスト派>の勢力を拡大してゆくことにも繋がってゆく。 そんな中、1913年には、映画配給会社の経営者だったウィリアム・フォックスがMPPCに対して「独占禁止法違反である」と提訴している。アメリカでは1890年に制定された<シャーマン法>をきっかけに、不当な取引に対する制限と市場の不当な独占を禁止するようになっていたのである。 訴訟の結果、MPPCは1915年に敗訴となる。実はこの頃、独占禁止法のもうひとつの柱ともなっている<クレイトン法>が1914年に成立している。例えば<クレイトン法>では、いわゆる“抱き合わせ販売”の禁止を明文化。MPPCは、加盟した映画業者のみがフィルムを購入できるなどの権限を持っていたことを前回説明したが、それらの独占行為が法律に抵触したのである。つまりアメリカにおいては、1895年に始まった映画の歴史が、奇しくも独占禁止法の歴史とも重なっているのである。. 主演:江口洋介 評価:B コメント: 熱き公務員・サスペンスもの 国境を越えて行われる脱税コンサルタント(そんなのあるの?)とそれを追いかける国税査察官との間の駆け引きのドラマ。海外の租税回避地を使った脱税の手口と、それを絡む強欲をうまく描いている。ライバルである、ARATAが演じる役どころが底知れぬ悪を表している。 日本はまだ国境を越えた脱税/納税回避は少ないような気がする。海外だと有名人や大金持ちは平気でスイスに口座もって脱税しているイメージがある。.

Phone:(964) 558-8265 x 3189

Email: info@cibu.dragon7.ru